Show MenuHide Menu

夫婦間の相性

2014年7月18日

たとえば、なにかにつけてカンシャクを起したがる子供をあなたがもっているとしましょう。あなたは、おそらく、こういうぱあいにあの子はいつもカンシャクを起す、だから、あの子にカンシャクを起させないためには、そういった『場合』を、なるたけさけるように注意しようlこうお考えになるかと思います。そしてあなたが細心にそういった注意をなされば、子供はカンシャクをおこす機会をもたなくなりやがて前ほどひんぱんにカソシャクを起さなくなると思います。つまり子供の『性格』が、ある程度変ったともいえるでしょう。問題はこれと同じです。夫婦の性格が合わないことを夫婦が知るためには、問題というか、チャンスが必要です。こういう問題になるもの、それは(一)金銭、(二)子供の問題、(三)性、(四)それから余暇時間をどうすごすか、という問題、だいたいこんなところかと思います。そこで、私が申しあげた、 いくつかの問題(チャンス)をひとつ、逐一、とりあげて考えてみてほしいのです。あの人と衝突するのはいつも金の問題であるか、それとも、なんでもない余暇時間のつぶし方についてであるか?lこういったことをいちおう秩序だてて順灸に考えてほしいのです。これをあなたがひとつひとつ考えていらっしゃれば問題の急所、つまり、どんなことでいちばん性が合わないのか、ということが、はっきりしてまいりましょうし、それだけ一歩解決に近づいたともいえます。相性が合う結婚相手を でみつければ、夫婦間に問題が生じて解決するためにここに書いたような大変なことをしないで済むかもしれません。

DK028_L