Show MenuHide Menu

夫婦喧嘩の原因

2014年7月18日

性格が合わないことは、夫婦喧嘩の原因になるものですが、もし夫婦がいまいったような考えで夫婦生活をいとなんでゆけば、しぜん、喧嘩の度数は減ってくるはずです。ところが、その反対にいま申しあげたような理解を夫婦双方がぜんぜん持つことをしないぱあいには、喧嘩はへるどころか、ますますひんぱんになりましょう。お互いこういう性分なんだから、仕方がない、こう投げすててしまえば、喧嘩は起る一方であり衝突は激しくなる一方です。もちろん夫婦である以上、喧嘩も時にはしましょう、夫婦喧嚥はあたりまえのことです。けれども、その喧嘩が年月とともに激しさと度数を加えるとすれば、これはもはやあたりまえではすまされません。そうしたぱあい、夫婦は性格というものについて全く宿命的な考え方をしているわけです。合わない性格を一挙に合う性格に一変させるような注射薬は、まだ発見されておりません。そこで合わない性格を合わせるには、年月と、忍耐と、相互の歩み寄りが必要なわけです。それから、もうひとつ申しあげておきたいことは、夫婦がお互いに心のプライペート・ルーム(私室)をもつことを認め合うことです。夫婦は霊肉一致だといわれますが、この言葉は、条件づきでしかいえぬ言葉です。二十四時間、くる日もくる日も、どうして文字どおり、霊肉一致というわけにゆきましょうか。夫婦は分業です。することなすことは、それぞれちがっています。したがって、考えること、心配することもちがってきます。そうならない為にも、ここで→ 相性が合う素敵な結婚相手を見つけましょう。

DK042_L