Show MenuHide Menu

夫を愛しきれない悩象

2014年8月21日

あなたが、良人を、たたもう一筋に愛しきれないと悲しんでおられるならば、あなたの良人もきっと同じような悩みを、何かの拍子に、心のどこかで感じておられるだろうと思います。そして、そういうあなたがたご夫婦が、毎日炎々愛しきれない悩みをおたがいに見つめとおしているとすれば、いよいよ、ますます、あなたがたの中に立てられた氷柱は、大きさを増し、冷たさを加えてゆくかと思われます。ですから、いま、今日の日があなたにとっては大切な一日なのです、今日、あなたが昨日とおなじように、愛しきれぬ悩みを悲しみとするならば、その悩みは昨日よりも大きくなるはずです。愛しきれない良人のなかの何かの欠点を愛しようとするよりも、愛し得る美点や長所をもっと強く愛するように努めてみたら、どうでしょう。夫婦は恋人同志とちがうものです。夫婦は毎日、顔を合わせ、毎日いっしょに暮すものです。恋人同志が、たまたま逢い、経験するような烈しい愛の一体感を、夫婦が毎日経験するということは、しょせん不可能です。恋愛が百メートル競走だとすれば、夫婦は、その何百倍の長距離マラソンのようなものです。マラソンを走るコツと百メートルのそれとはちがいます。あなたがいま百メートル競走のように走ろう、愛しようとしているとすれば、あなたがたは、おそかれ早かれ疲れきってしまうでしょう。恋愛と結婚は違うところが多いですので、←ここで出会った素敵なパートナーをよく見極めましょう。

DK043_L
相互リンク開く

オトコにとっての第一印象の影響度とは

2014年8月21日

初対面でアピールし過ぎのオンナに、オトコは引く
合コンでモテたい!一番人気になりたい!と思ったとき、みんなはどうしてる?
きっと自分が自信のある部分(胸や脚など)を思いきりアピールすればOK、と思っているんじゃないかな。でも、結論から言うと、答えは「NO」。
なぜって、明らかに人より優れたポイントをあからさまに見せつけられるとオトコにとっては「たんなる自慢」にしか見えないから。
あるラジオ番組で巨乳アイドルと共演したとき、その子はラジオで自分の姿は映らないのに、大きな胸を強調した服を着てきたんだよね。
まあ、タレントさんだから本人が着たい服を着ればいいんだろうけど、
オトコからすると「この子は、不特定多数のオトコに対して、いつでもどこでもそういう振る舞いをしているんだろうな」と思わせてしまう。
オトコにこう思わせてしまったら・・・?そりゃあ、マイナスだよね。オトコって「いかにも」っていうアピールをされると引くことが多い。
脚が長いから超ミニスカートを履いてきたり、おっぱいがデカイから、胸の谷間を強調する服を着てきたりするのは、プラスどころか逆効果。
それよりも、マナーとか清潔感とか、そういうことがきちんとしているイメージをオトコに与えれば充分。確かに、第一印象のインパクトは大事だよ。
でも、決して「すごく」なくていい。普通でいいんです。
出会いはここに→いくらでもあるけど、出会った人といつまでも仲良くいられるかはあなた次第です。
日本の人口の半分は「恋愛対象」だと思わなきゃダメ!
「私って、なんで彼氏ができないんだろう……?」って悩んでいる子がいるよね。
オレは、今まで色んな女の子を見てきたけど、そういう女の子たちには、決まってある共通点がある。それは、「恋愛対象の間口が狭い」ってこと。

DY052_L

女が勘違いする男への印象が悪くなる服装

2014年8月21日

あえて自信のあるところは、強調せず普段は見せないで、会話の中でその話題になった時だけ、さりげなくアピールするほうがいいんだよ。
脚を組んだとき、ふくらはぎから足首のキュッと締まったラインがチラッと見えたり、ブラウス越しに感じる胸の大きさ、みたいなほうにオトコはドキッとするわけ。
「オレだけ、この子のいいところ、見つけちゃった」ってお得感が、初対面でのモテには効果的ってことだよね。
逆に寄ってきてほしくない男にはアピールできるところの話題を伏せておく。無理に隠そうとするとそれに興味を持たれてしまうので注意が必要です。
面倒見が良いオンナはモテます。あなたも←ここで頑張ってパートナーを見つけましょう。
初対面でアピールし過ぎのオンナに、オトコは引く
合コンでモテたい!一番人気になりたい!と思ったとき、みんなはどうしてる?
きっと自分が自信のある部分(胸や脚など)を思いきりアピールすればOK、と思っているんじゃないかな。でも、結論から言うと、答えは「NO」。
なぜって、明らかに人より優れたポイントをあからさまに見せつけられるとオトコにとっては「たんなる自慢」にしか見えないから。
あるラジオ番組で巨乳アイドルと共演したとき、その子はラジオで自分の姿は映らないのに、大きな胸を強調した服を着てきたんだよね。
まあ、タレントさんだから本人が着たい服を着ればいいんだろうけど、
オトコからすると「この子は、不特定多数のオトコに対して、いつでもどこでもそういう振る舞いをしているんだろうな」と思わせてしまう。
オトコにこう思わせてしまったら・・・?そりゃあ、マイナスだよね。オトコって「いかにも」っていうアピールをされると引くことが多い。

DY051_L

お互いに尊敬と信頼は大切です

2014年8月21日

いま愛しきれない、しかし一日一日、愛情を深めてゆくように努力しよう!こんなふうに考えることができませんか。それから愛しきれないという妻の悩みと、信頼しきれない妻の悩みとを、決して・ゴチャゴチャにしてはいけません。愛してはいるが、信頼しきれないでいる、これはまことに悲しいことです。ですが、その反対に信頼はしているが、ただ何となく身も心もあげて愛しきれないというのであるならば、望みなきに非ずどころの比ではありません。もともと信頼と愛情とをべつくつに考えることは無理なことなのです。がんらいこのふたつのものは裏腹しているものなのですから。けれども、いまのあなたに必要なことはこのふたつを区別して考えることです。あなたは良人を信頼していますか?だったら愛しきれない、なんだか心と心の間に隙間があるようだといった感じを、あまり大げさに考えないほうがいいと思いますよ。

趣味などが合うパートナー探しなら←ここから探しましょう。

つまり、夫婦はお互いにある面では別の世界をもっています。この別の世界をお互いに認め合い、ついでに尊敬し合えば、性格的な反撒や、衝突のチャンスを、非常に少なくできるかと思います。心のプライベート・ルームを、お互いに持ち合うようにしたら、そして、その中へは、むやみにちん入しないことにしたら、どうでしょう。夫婦間で問題が出たとき、複雑であればあるほど解決に時間が掛かります。

人間と動物との相違は、性の交わりが、生殖する、子供を生む、ためだけでない。

DY050_L

男性と女性のたぐいない喜びの源

2014年8月21日

いや、そういうためではなくなったというところにあるといえましょう。『性行為はもっぱら生殖を目的とするものだ、というのは、ちょうど、人間はそのオフィス以外の場所に向って歩いてはいけない、というにひとしい』ある西洋人はこういっています。まことに、子供を生むことだけが性的結合の目的ではないのです。

こういう現象を人間のダラクとよぶ必要はありません。燃やすためにではなく、ピll-ルを作るために石炭を掘ったところで、それ、か石炭のダラクといえましょうか。
副産物が副産物でなくなり、最初は単なる手段であったものが、だんだん目的に変ってゆくということ、lこれは文化や文明の、ひとつのさけることのできない道筋であり、あるいは進歩ともいうべきものです。人間が性的結合を単に生殖のためだけではなく、男性と女性のたぐいない喜びの源に変えたことは、けっして呪わしいことではなかったのです。いままでの妻は、どうかすると、夫との交わりをそれほどに喜びませんでした。それはしばしば、女大学風に、妻の義務と考えられていました。

素敵なパートナーにで、出会っても幸せに付き合うには努力が必要です。

いや、考えるだけでなく行動の動機を理解してほしいのです。ただ感情的に、行動の結果、もちあがったできごとばかりを考えないで、行動の原因や理由のほうを考えてほしいのです。行動の原因や動機を理解することにより、夫のそういう性分を治すことができなくてもそういう性分がこんごたびたびでてくるのを防ぐことはできましょう。いや、あなたにとって気にくわない行動かこんごますます悪化することを予防することはできましょう。そしてそれでいいのじゃないでしょうか。問題は子供をとりあつかうぱあいと変らないようです。

DY054_L

夫婦喧嘩の原因

2014年7月18日

性格が合わないことは、夫婦喧嘩の原因になるものですが、もし夫婦がいまいったような考えで夫婦生活をいとなんでゆけば、しぜん、喧嘩の度数は減ってくるはずです。ところが、その反対にいま申しあげたような理解を夫婦双方がぜんぜん持つことをしないぱあいには、喧嘩はへるどころか、ますますひんぱんになりましょう。お互いこういう性分なんだから、仕方がない、こう投げすててしまえば、喧嘩は起る一方であり衝突は激しくなる一方です。もちろん夫婦である以上、喧嘩も時にはしましょう、夫婦喧嚥はあたりまえのことです。けれども、その喧嘩が年月とともに激しさと度数を加えるとすれば、これはもはやあたりまえではすまされません。そうしたぱあい、夫婦は性格というものについて全く宿命的な考え方をしているわけです。合わない性格を一挙に合う性格に一変させるような注射薬は、まだ発見されておりません。そこで合わない性格を合わせるには、年月と、忍耐と、相互の歩み寄りが必要なわけです。それから、もうひとつ申しあげておきたいことは、夫婦がお互いに心のプライペート・ルーム(私室)をもつことを認め合うことです。夫婦は霊肉一致だといわれますが、この言葉は、条件づきでしかいえぬ言葉です。二十四時間、くる日もくる日も、どうして文字どおり、霊肉一致というわけにゆきましょうか。夫婦は分業です。することなすことは、それぞれちがっています。したがって、考えること、心配することもちがってきます。そうならない為にも、ここで→結婚相談所を比較 相性が合う素敵な結婚相手を見つけましょう。

DK042_L

夫婦間の相性

2014年7月18日

たとえば、なにかにつけてカンシャクを起したがる子供をあなたがもっているとしましょう。あなたは、おそらく、こういうぱあいにあの子はいつもカンシャクを起す、だから、あの子にカンシャクを起させないためには、そういった『場合』を、なるたけさけるように注意しようlこうお考えになるかと思います。そしてあなたが細心にそういった注意をなされば、子供はカンシャクをおこす機会をもたなくなりやがて前ほどひんぱんにカソシャクを起さなくなると思います。つまり子供の『性格』が、ある程度変ったともいえるでしょう。問題はこれと同じです。夫婦の性格が合わないことを夫婦が知るためには、問題というか、チャンスが必要です。こういう問題になるもの、それは(一)金銭、(二)子供の問題、(三)性、(四)それから余暇時間をどうすごすか、という問題、だいたいこんなところかと思います。そこで、私が申しあげた、 いくつかの問題(チャンス)をひとつ、逐一、とりあげて考えてみてほしいのです。あの人と衝突するのはいつも金の問題であるか、それとも、なんでもない余暇時間のつぶし方についてであるか?lこういったことをいちおう秩序だてて順灸に考えてほしいのです。これをあなたがひとつひとつ考えていらっしゃれば問題の急所、つまり、どんなことでいちばん性が合わないのか、ということが、はっきりしてまいりましょうし、それだけ一歩解決に近づいたともいえます。相性が合う結婚相手を出会い系 サクラいない でみつければ、夫婦間に問題が生じて解決するためにここに書いたような大変なことをしないで済むかもしれません。

DK028_L

性格の不調和

2014年7月18日

夫婦で性格が合わないということはまことに不幸なことです。結婚一、二年のころには、この性格の不調和という問題は、まだそれほど夫婦の正面にでてきませんでした。ところが年月とともに、愛情が平板になってしまい、性生活がおちついてくるにしたがって、いままでさほど気にしなかった性格の相違が、いやでも日常生活のなかへのさばりでてきます。夫のすることなすことが、いちいちかんにさわります。夫婦間の性格的反擢が原因となって出てくるさまざまなトラブルを、なんとか上手に解決してゆくためのいちばんの先決条件は、性格というものの考え方を訂正することです。つまり、『性格』というものが人間のなかに住んでいて、それが右にも左にも曲げられず、ガンとして鎮座しているlこういう考え方をしないことです。「こういう性格だからこういうことをするのだ、と考えないで、こういうことをするから、こういった性格なんだろう」と、考えることです。そこで、性格という問題をいちおう括弧にくるんで、あなたがたがなにか衝突したぱあい、あなたがたを衝突させた言葉、あるいは行為だけをとりあげて考えていただきたいのです。それもそういった行為が、前にも一、二度あったとしても、前のことは考えないで、今度のぱあいだけを考えてほしいのです。「いったい、どういう理由で彼はこういう行動をしたのか?何が彼をそうさせたのか?」つまり行動の理由や動機を考えてほしいのです。
ここを読んで理解したらここ→で素敵なパートナーを探しましょう。

DK027_L

愛の喜び

2014年7月18日

いうまでもなく、性的結合の目的は、それによって夫と妻が、肉体のよろこびとお互いに愛し合っているよろこびとを証し合うことにあります。このような性の交わりにともなう喜びはがんらい、性的結合の二義的な、副次的な目的と考えられていました。けれども人間の進歩とともに、この愛の喜びという副次的な目的が、ひとつの独立した立派な目的になってまいりました。このことをあなたがたは、すなおに認めていらっしゃいますか?じっさい、性的結合のぱあいだけに限られません。人間の進化の歴史の上では、がんらい、副産物でしかなかったものが、それ自身ひとつの独立した目的になったぱあいは、無数にあります。たとえば、私たちの手を考えてみましょう。手はもともと足と同じように歩くためのものでしたぐあるいはなにかl主として食べものlをつかむためのものでした。ところが人間が進化するにつれて、手はただものをつかむためではなく、ピアノや編ハイオリンをひくという、ひいて遊び たのしむという機能をもつにいたりました。こうなれば、手は人類が最初それにあたえていた機能とは、似ても似つかぬ独立したものに変ったワヶです。おなじことが性的結合についてもいえます。つまり、いまや結婚の目的、性的結合の目的は時代とともに変ってきました。人間は、性的結合をはっきりと喜びの源泉にかえることを知り、生殖のおそれなしにl避妊法の利用l性をたのしむことができるようになりました。
コミュニケーションは非常に重要ですので、これからここで→ 出会う結婚相手とはコミュニケーションを途切れないよう気を付けましょう。

DK035_L

結婚生活のエッセンス

2014年7月18日

お宅には多分柱時計かおありだと思います。カチ、カチ、カチ、カチというあの時計の音が、ピタリと止ったとき、あなたはどんな感じがしますか。なにか一種の不安な静けさを膜じませんか。そしてあわててネジを巻きませんか。家庭とは柱時計のようなものです。静かにしかも規則正しく、おちついて尻も夜も活動している場所です。夫と妻のこころとこころが、チクタク、チクタクと動いているところです。いや、チクタク、チクタクと動き活動していながら、まるで、なにも活動していないように感じられる静穏な場所です。十年一日のごとく見えながら、やはり十年は十年として静かに流れ動いているlそれが家庭だと思います。出会いはここ→結婚相談所 比較 に、たくさんあるので、相性が合う人がきっと見つかります。私はこんな下手な比嶮なんかやめて、もっとズバリ一言で家庭、結婚生活のエッセンスを、お伝えしたいのです。けれども、家庭とは『ふたりの人格の完成の場所』だなんて、ウソにももったいぶっていいたくないのです。家庭とはもっとデリケートなものです。おわかりくださることと思います。ところで、あなたの現在の巣はとんなぐあいですか。餌を集めるために朝ごとに出勤するご主人は、夕方かえってあなたといっしょに巣を作ることに協力してくれますか?結婚のひとつの、そして最も原始的な目的は、男女がそこで肉体的に交わり、子供を生みかつ育てることでした。この点で、動物も人間も同じです。ですから、結婚して子供を生まなければ妻を離縁するといった徳川時代のような考え方は、結婚のこの動物的目的ばかりを考えていたものともいえます。

DK044_L